過払い金を金融機関に

消費者金融では、一時期、過払い金が問題になっていたことがあります。これは、消費者金融に支払ったときにグレーゾーン金利で弁済していた場合、元本にそれを組み入れるように、ということになったからです。


このときに元本を既に返し終わっており、むしろ、多く支払っていたことがあります。

これを返還してもらうための行為が、過払い金請求というわけです。

具体的にいいますと、どんな問題であったのか、といいますとそもそもグレーゾーン金利というのがあったわけです。



これは出資法の上限金利であった、29.2パーセントであり、利息制限法による金利として、15パーセントから20パーセントであったからです。

今すぐ使えるセゾンの過払い金に関する情報満載のサイトです。

この差こそが、グレーゾーン金利と呼ばれていたわけです。

罰則がなかったこともあり、消費者金融は、出資法の制限金利で貸していたわけです。

しかし、それが駄目、ということになって、返還請求が相次いだわけです。過払い金というのは、要するに余計に支払っていた部分なわけです。


その為、返還がほぼ確実にできるわけですが、それでも証拠が必要になってきます。


ちなみに業者に取引履歴、つまりは返済していった記録を出す義務があります。だからこそ、非常にやりやすくなっています。
これは基本的には極めて良いことです。

教えてgooが広く知れ渡ってきました。

つまりは、普通の人でもやろうと思えばできます。


しかし、やはりプロに依頼したほうが良いことが多いです。

プロとは弁護士とか司法書士の人達です。